保育士になるまでの経験について

保育士になるまでの経験について

保育士になるまでの経験について

保育士の必要性
長引く不況の影響や女性の社会進出など、様々な要因から結婚後も女性が仕事を続けることが当たり前の世の中になっています。ただ、女性は結婚、妊娠、出産の期間中には仕事を続けることが難しいです。そのため仕事を転職したり、妊娠出産期の休暇を取得したり、保育園に子供を預けたりして仕事を続けていきます。保育園というのは仕事をしている母親にとってとても重要な存在です。

保育園で子供を預かる存在が保育士です。働いているお母さんの代わりにただ預かるだけでなく、子供たちが安心安全に過ごせる環境を作ったり食事や排せつといった日常の介助をしたり、社会のルールを学んだりといろいろなことを行っています。保育士がしっかりと保育園で子供たちが毎日健康にのびのびと過ごせるように環境づくりをしてくれているからこそ安心して働けるのです。

最近では保育士といえば仕事が大変で人手不足でありながらも低賃金といったネガティブな印象ばかりが取り上げられています。確かに保育士は子供たちの命を預かるとても大変な仕事ですし、抱っこをしたり屈んで子供の介助をしたりと足腰への負担も大きいです。そのため毎日の仕事に負担はありますが、やりがいもとても大きくあるものです。毎日の子供との時間の中でも成長を感じられる瞬間があったり、保護者や子供たちとのやり取りの中で心が温まる瞬間があったりと得られるものもたくさんあります。仕事が忙しい、大変というのはどんな仕事でも同じです。保育士というのは社会でもとてもニーズが高く社会貢献できるとても重要な仕事なのです。