保育士になるまでの経験について

保育士になるまでの経験について

保育士になるまでの経験について

保育士になるには
保育士になるためには保育科など保育士になるための教職課程のある短期大学や大学、専門学校に進学しなければなれないと思われています。しかし、実際には保育士国家試験に合格すれば誰でもなることができます。そして試験を受けるための条件もたくさんあるので志望すれば多くの人が試験を受けることが可能です。そのため、最近では子育てがひと段落した女性が社会復帰のために資格取得をしたりキャリアアップのために取得したりするという人も増えています。

保育士の試験は毎年1回ないし2回全国で行われている試験を受けて合格すれば誰でも資格を取得することができます。試験を受けることのできる人の条件はとても複雑です。卒業年次によって様々ですが、大学在学中から試験を受けることができ、最終学歴が中学卒業という人でも児童福祉施設など所定の施設で児童保護の仕事に従事しても受験資格が得られます。大卒以外の人は細かなルールがあるので要綱を確認し自分が該当するか確認するようにしましょう。

この試験は独学で試験勉強をしてもよいですし、通信講座や予備校に通って資格取得のための勉強をしてもかまいません。ただ、試験科目が多く筆記試験が9科目、実技試験が1科目2分野受験することが必要です。幼稚園教諭免許を持っていると一部試験が免除されますがそれでも7科目の試験を受験することが必要になります。かなり多くの科目があり覚える内容も多岐にわたるので、一年で取得するのではなく3年かけて取得することを目指す人が多いです。これは、一度合格した科目については3年間合格の状態が有効となるためです。