保育士になるまでの経験について

保育士になるまでの経験について

保育士になるまでの経験について

なるまでにできること
保育士資格を取得したら保育士の仕事がなんでもできるものではありません。保育園によって仕事は様々ですし子供と接する仕事というのはマニュアル通りに進められるものではありません。そこで、保育士試験の勉強をしながら保育園をはじめとした子供たちと触れ合う施設で働くという人も増えています。

保育園をはじめとした子供と関わる施設で働くことで保育士試験対策の勉強内容を直接学ぶこともできますし、学んだことをすぐに生かすこともできます。そのため勉強した内容が身に付きやすいですし、さらに実践的な知識となり保育士として働き始めてからも即戦力となることができます。

また、条件を満たすとこのような保育関連施設で働いた経験によって保育士試験の免除科目を得ることができます。免除科目があると保育士試験の受験科目が減るため大幅に試験勉強の負担が減らせるというメリットもあります。

このような保育施設というのはすべての人が保育士資格を取得しているわけではありません。保育士のサポート業務ということで保育士資格を取得していない人でもアルバイトとして働くことができるのです。このような経験をしていると保育士資格を取得したらその保育園でアルバイトから正規職員の保育士と職種変更して働くこともできるため、慣れ親しんだ職場で保育士をスタートさせられるというメリットもあるのです。